メイン画像

心に不調を抱えた時の心療内科と精神科における受診の選び方とは

悩むことが多いものです。心に不調を感じて専門の機関へ治療に行こうと思った時に、精神科と心療内科ではどちらが適しているのか迷うことはあるでしょう。精神科とは読んで字のごとくに、心の病気を処置しているところです。また心療内科は内科ですので、心が原因の身体の不良を治療するところになります。心を治療するか身体を治療するかが二つの大きな違いです。

といっても現状ですと、うつ病の疾患などは精神科で扱いますが、同時に頭痛や腰痛といった身体症状が出るような場合もあります。心身のどちらにも症状が出てしまっているようだと特に、どちらの受診が適切か迷ったりするでしょう。そのため精神科と心療内科の境界線を明確に引くことは困難で、重なり合っている部分もあるのです。定義で言えば精神症状の治療は精神科へ、心が原因の身体症状を治したければ心療内科に通うのが正しいのですが、迷ったらどちらを受診しても大丈夫と言えます。

精神科では、強烈な不安や抑うつや幻覚幻聴などの身体に現れない精神的な病状を、しっかりとしたカウンセリングと薬の投与などで治療していきます。心療内科とは、心の不調がきっかけで身体に現れた症状を治療するところです。心療内科の治療は、具体的に身体的症状の改善のために内科医が担当するということもあります。心の不調の原因を調べて欲しい時には精神科へ、そして心がきっかけで体の不調が出て治したい場合には、心療内科で診てもらうことを考えましょう。

例えば不眠が続くケースや気分が落ち込んで浮上しない場合には精神科へ、ストレス過多で胃が痛んだり耳鳴りがしたりする場合の時は心療内科へ、もしくは、心と身体の不調が同じくらい辛い場合には、ひとまずどちらかを受診をして症状を見てもらい、その後適切な判断をドクターへ仰げばいいでしょう。大切なのは心に不穏が出た時に一人で考え込まないことです。精神科や心療内科においての治療は、最悪の事態を防いでくれます。ストレスが多い現代社会に置いて、心の健康も身体と同じくらい気遣っていくことが必要なのです。